古典的な胸を大きくする方法

恋人や夫に胸をもまれると大きくなるという話を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。このような話は下世話な話として迷信じみていると考える人も多いようですが、果たして胸はもまれると大きくなるものなのでしょうか。この方法は、眉唾もののような話に感じますが実は根拠がある話なのだそうです。「揉む」ことが有効であるのならば自分で揉んでも大きくなるのでは、と思えますが、異性に胸をもまれて大きくなる、という話には女性ホルモンが関係しています。異性にもまれるというのは性的刺激が加わることであり、マッサージ的なものと少々質が異なります。性的刺激を受けると女性ホルモンの分泌が活発化され、胸を大きくするのに欠かせないのはそのまま、女性ホルモンであるからなのだそうです。たとえば自分で揉んでも、それはマッサージ的な面で一定の効果が期待できることはできますが、性的刺激と脳が捉えることはありませんので女性ホルモンの分泌が盛んになるということは通常ありません。このようなことから男性に胸を揉んでもらって大きくする、という古典的に聞く話は実は確かに効果が期待できる手段であるのだそうです。

胸を大きくしたいなら見た目から

胸を大きくしたいと考える女性は、多くの場合「見た目」的な問題がかかわっています。要は対外的に見て大きく見えることが大切である、と考える人がほとんどです。少しでも大きく見せるにはいくつかのポイントがあげられます。まず一番大切なのは、自身の姿勢です。立っているとき、歩いているとき、椅子に座っているときの自分の姿勢を客観的に見てみるとわかりますが、多くの現代人は姿勢が悪いものです。座っているときに浅く腰を掛け背もたれに寄り掛かるような座り方は、だらしなく見えるのみならず猫背になりがちですし両肩も内側に丸まってしまいます。このような姿勢で椅子に座っている場合、小さく見えてしまいますし、それが日常的な習慣になっている場合には胸の筋力が衰えて垂れ下がってきてしまいます。椅子に座る時にはしっかり深く腰を掛け背筋を伸ばすようにしていると自然と胸が張りだされますので、大きく見せることができます。さらに下着も胸を大きく見せるためには重要です。しっかりホールドできる下着を身に着けることが大切ですが、その際に背中や脇のお肉も寄せて集められるようなブラジャーを身に着けるようにします。さらに大きく見せるには深く胸元が開いたファッションが有効だと思っている人がいますが必ずしもそうではありません。たとえば胸の下で絞りと切り替えのあるようなワンピースですと下品にならず胸が強調され大きく見せることができます。


このページの先頭へ戻る